先輩社員の言葉

WINGSで働くということ ~エンジニアとしての将来像~

コンサルティングからシステム開発まで行っているシステムソリューションカンパニー「株式会社WINGS」で活躍している、先輩社員のメッセージをご覧ください。若手エンジニア3名がWINGSを選んだ理由、入社後、そして現在と未来について感じたことをご紹介します。

H・S

I・K

第1システム部 システムエンジニア(SE)
2019年入社/法学部自治行政学科卒

自分の強みを持てる会社
だから、自信をもって働ける!

WINGSを選んだ理由は何ですか?
  

社長と面談した時にWINGSに入ると自分の市場価値が上がると感じ事が理由です。

社長の「以前はDatabaseを主流としていたが、今はWebPerformerがビジネスとして とても価値があるのでWebPerformerに力を入れている」 という話などから明確なビジョンを持っている事がわかり、その点に惹かれました。

元々、専門的な知識を身につけたいと考えていましたので、 自分の考えとピタリとはまっていると感じ、WINGSで働くことを決意しました。

担当したプロジェクトについて教えていただけますか?

現在は、WebPerformerのアップデートに伴うテスト作業を行っています。 内部的な処理やレイアウトに相違が無いことを、確認しながら進めています。 また、テスト効果を確認するためにDataBaseを操作して 内部処理が同じかどうかのチェック、コードの修正も行っております。

進めていく上で、自分が利用して違和感を感じている部分は テスト上は同じであっても動作確認をするように努めています。

研修ではどのようなことをやっていましたか?

最初の2ヶ月間は社内でOff-JTを行いました。 まず、初めにOracleMasterのBronz合格を目標として 日々、勉強し1.5ヶ月でBronzを取得することができました。

2ヶ月目からはJAVAの給与計算のプログラムを作成しました。自分で学習スケジュールを組んで1日単位での目標と時間を明確にしてすすめること目標としていたので、ダラダラせずに自分を管理しながら進め、目標通りに達成することができました。

現在、OJTにて上記の案件で、自分の技術力が上がるよう日々頑張っています。

現状や今後の目標などについて教えてください

現在、試用期間中なのでしっかりと評価してもらえるよう頑張りたいです。
今後は、もっとプログラミング技術に磨きをかけて WebPerformerを用いたシステム設計ができる技術者になりたいです。

まだ見ぬ後輩へひとこと
過去の経歴と今の経歴は関係ないと思います。
文系出身の人や空白期間がある人も頑張りしだいで きっと活躍できるはずです。

F・K

F・K

第1システム部 システムエンジニア(SE)
2012年入社/工学部電気電子工学科卒

圧倒的な成長スピードが最大の魅力、早い段階で自分のチームが持てる!

WINGSを選んだ理由は何ですか?

大学時代に受けた情報系の授業で、「システムって自分に合っているのでは?」と感じたことが最初のきっかけです。就職活動ではシステム開発関連6社を受けたのですが、田中社長から聞いた企業理念や新人教育に感銘を受け、素直に「社長と一緒に働きたい!」と思って入社を決めました。

新入社員研修では、どんなことをしましたか?

研修で配属された現場は、大手製造メーカー系のシステム開発プロジェクトでした。その中で生産管理・在庫管理システムの開発を担当し、C#やASP.NETという開発言語を使い、データベースのバグ修正や画面作成を行いました。とても内容の濃い実務研修でしたが、社内研修とほぼ同じ内容でしたし、先輩もフォローしてくれたので問題なく完遂! それが自信につながりました。

研修後はどのような業務を担当しましたか?

研修後に配属されたのは携帯キャリア関連のプロジェクトでした。全5000万件、毎日50万件も送られてくる膨大なデータを相手に、関連情報を抽出・分析するDWH(データウェアハウス)業務は驚きの連続。注目度の高いビッグデータ解析というプロジェクトは、本当に貴重な体験でした。

現在、どのような業務を担当していますか?

現在は通信・放送関連のプロジェクトに参加しています。開発言語はJava、データベースはPostgre SQLという環境で、主に画面作成やデータベース解析を担当。このプロジェクトは、自分にとって大きな転換期になりましたね。

その理由は、「基本設計を任されたこと」「リーダーに昇進したこと」の2つ。これまで経験のない業務を担当することは挑戦ですが、知識を活かしながら貪欲に成長できるチャンスでもあります。また、リーダーに昇格したことで4名の部下を持ち、チーム全体に目を向ける大切さも実感しました。チームのスケジュール管理や勤怠管理など覚えることばかりです。

現状や今後の目標などについて教えてください

WINGSは常に新鮮な仕事を与えてくれるので、すごいスピードで成長ができる会社です。その結果といえるのが、入社半年で合格したOracle Master Goldですね。たった半年の経験でデータベースの国際的上級資格を取得できたことは誇りです。その知識を活かしながら、メンバーに頼られるリーダーを目指していきます。

まだ見ぬ後輩へひとこと
就活をはじめる前に、「本当にやりたい仕事なのか?」を自問自答してもらいたいです。
ちなみに自分はパソコンが好きで、プログラムの技術を磨きたかったからWINGSに就職しました。
就活では手当たりしだい面接を受けがちですが、ちゃんと選ぶことが大切。
皆さんも「自分がしたいこと」をよく考えて仕事を選んでください。

S・K

S・K

第1システム部 プログラマー(PG)
2014年入社/文学部日本文学科卒

社内研修が充実しているから未経験でもOK
本当に「不可能が可能になる」会社です!

WINGSを選んだ理由は何ですか?

システム開発とは縁遠く感じられる文学部日本文学部の私ですが、在学中は図書館情報学を副専攻していました。そこではデータベースに少しだけ触れたことがあったんです。そういった経緯もあり、IT系もターゲットに入れて就活をしていました。そんなときにWINGSの面接で聞いた、「不可能を可能にする」というキャッチフレーズ――。このキャッチフレーズに惹かれて就職を決意しました。

入社後の研修について教えてください

入社後の社内研修は4ヶ月あり、座学や模擬プロジェクトなど、とても充実していて驚きました。特に模擬プロジェクトは、システム開発を1人で行うという超実践的なものでした。私のときは「Javaを使ってデータベースを作りなさい」という課題で、スケジュールから開発まで自分で考えて進めました。途中で何回も挫折しそうになりましたが、先輩のアドバイスもあり、なんとか納期までに完成できたのはいい思い出です。

そして研修が終わるころにはOracle Master Silverに合格! 知識なしで入社して、研修だけで合格できたのでびっくりしましたね! 資格に合格したことで自信がつき、開発現場でもやっていけると確信しました。

現在、どのような業務を担当していますか?

数ヶ月前から双方向通信機能を持つ電気メーター、いわゆるスマートメーターのプロジェクトに参加しています。私が担当しているのは、どこにスマートメーターを設置すれば最適なのかを判断するツールの開発。入社1年目なので不慣れなことも多いですが、早く先輩達のように一人前になりたいです。

現状や今後の目標などについて教えてください

まずは技術を高めることが先決! 日々の業務から技術・知識を吸収して、次の目標でもあるOracle Maser Goldに合格することです。そのために今は資格の勉強もがんばっています。

まだ見ぬ後輩へひとこと
紆余曲折があり就活が長引いてしまった経験のある私。
そんな私がいえるのは、あきらめないことです。
就活をやめてしまえば終わり、続けることが大切です。皆さんもあきらめずにがんばってください。

トップへ戻る