ローコード開発

ローコード開発とは

ローコード開発とは、ソースコードを書く事なく、GUIという視覚的な操作を用いることで短期間でのシステム開発を実現することを目的とした開発手法です。

ローコード開発ツール

また、ローコード開発ツールとして代表的なのがWeb Performer、GeneXus、OutSystem等ですが、それぞれ機能が異なるため目的にあったツールを選択する事が重要だと考えられます。

ローコード開発のメリット

  • 1 .ローコード開発は、コーディングを極力少なくするため、プログラマーの能力差によるバラツキを抑えることが可能となります。
  • 2 .開発工程を自動化することによりミスが少なくなり、システムの品質を一定に保つ事が可能となります。
  • 3 .ローコード開発では、画面などを簡単に作成する事ができる為、
    開発期間の初期にプログラマーとENDユーザーとの認識の違いを確認することが可能となります。

ローコード開発のデメリット

ローコード開発のデメリットは、設計や実装をツールで行うため、そのツールの限界を超えることが出来ない事です。
つまり、そのツールの機能の限界を超えてしまった場合は、設計をやりなすか、もしくはJavaやC#などでその部分を別に作成するなどの対応をしなければならない可能性がある事です。

ローコード開発ツール

WINGSでは、数あるローコード開発ツールの中で「Web Performer」を推奨しています。 

トップへ戻る